スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パソコンが立ち上がらない時の対処方法

パソコン・周辺機器の豆知識
スポンサーリンク

パソコンが立ち上がらない時の対処方法

パソコンの電源を入れても「パソコンが立ち上がらない」、「Windowsが起動しない」といった突然のトラブルはやってきます。

パソコン自体の寿命で壊れるケースもありますが、買い替える前に試しておきたい事もあります。

今回はパソコンが立ち上がらない時の対処方法について紹介します。

パソコンが立ち上がらない時の症状

パソコンが立ち上がらない原因は1つではありません。

原因が、パソコンの寿命による場合もありますが、以下の他にも多くのトラブル事例があります。

  • 電源は入っているが真っ黒の画面から進まない
  • 電源は入るが青い画面から進まない
  • 起動時に表示されるロゴで止まる
  • 起動途中で勝手に電源が落ちる
  • 電源スイッチを押しても反応しない

トラブル事例は無数にあります。

同じような事例と同じ対処方法を行っても、復帰できなかったということも良くありますが、パソコンメーカーに症状を伝えるだけで、あっさりと解決できることもあります。

電源は入っているが真っ黒の画面から進まない時の対処方法

電源は入っているが真っ黒の画面から進まない時に、試せる方法を紹介します。

  • 放電する
  • Windowsを通常起動選択で起動する
  • 強制的に電源を落とす

まずは、上記を試してみます。

放電をする

パソコンを長時間使用していると内部の回路や部品に電気が溜まる、帯電が発生します。

帯電が原因で、電源が入らなかったり動作が不安定になったりする場合があり、電源は入るが真っ黒の画面から進まない症状の場合が多いようです。

帯電が原因のトラブルは、パソコン内部に溜まった電気を放出(放電)することで症状が改善される可能性があります。

放電をするためには、まずパソコンに接続している電源コードやスピーカーなどもすべて抜きます。

その状態で数分ほど放置して、再びすべてのパーツを接続して、電源を入れ直します。

ノートパソコンなどは、バッテリを取り外して放電させる必要がありますが、容易に取り外せない機種もあります。

容易に取り外せない機種の場合は、パソコン修理店などにご相談されることをお勧めします。

Windowsを通常起動選択で起動する

電源を入れた後、「Windowsを開始できませんでした」というエラーメッセージが表示されることがあります。

「スタートアップ修復の起動(推薦)」と、「Windowsを通常起動する」の2つの選択肢がでます。

「スタートアップ修復の起動」を試し、ダメな場合は「Windowsを通常起動する」を試します。

どちらを選択しても、選択の違いによって新たに不具合が起こる可能性は非常に少ないので、両方の選択肢を試してもOKです。

強制的に電源を落とす

パソコンを起動させてしばらくしても、LEDが点滅や点灯をしなかったり、起動しているような音もしないことがあります。

この場合、パソコンの電源ボタンを数秒間押し続け、強制的に電源を落とします。

電源が落ちたら、再び電源をONにして起動するかどうかを確認します。

再び電源をONにしても、パソコンが起動せず症状の改善がないような場合は、パソコン修理店などにご相談されることをお勧めします。

パソコンの電源は入るがWindowsが起動しない場合の対処方法

パソコンは、おおまか「システム起動」→「Windows起動」→「Windowsのホーム画面表示」という流れで動作します。

電源は入っているが青い画面(ブルースクリーン)から進まない、起動時に表示されるロゴで止まるような症状は、Windowsが起動していない場合が多くみられます。

青い画面(ブルースクリーン)から進まない、起動時に表示されるロゴで止まる

この場合は、外部機器の影響によってWindowsが起動しないことが多いため、下記のように外部機器を取り外し、再度起動させて確認します。

  • すべての機器を取り外して再起動
  • ネットワークを切断して再起動
  • 増設メモリーを取り外して再起動

単にCDやDVDを挿入したままだった為、Windowsが起動できなかったという事も、良くある事例です。

外部機器を取り外してもWindowsが起動しない場合は、自動修復の各オプションを試してみます。

自動修復からパソコンを初期状態に戻す

今までの対処方法を試してもWindowsが起動しない場合は、システム側に原因がある場合があります。

システム側に原因がある場合は、「自動修復」から各オプションを試すことで、回復できる場合があります。

自動修復はWindows起動の画面でリセットボタンを押すと表示されます。

または、再起動を繰り返すと自動的に自動修復の画面が表示されます。

この画面が表示されたら「システムの復元」や「スタートアップ修復」などから解決方法を探してください。

どのオプションを試してもダメだった場合、PCを初期状態に戻す事になりますが、実行するとパソコンが初期化されます。

データ等はすべて失いますので、最終手段となります。

まとめ

パソコンが立ち上がらない時の主な対処方法を紹介しましたが、修理や買い替えの前に、試せるものは実践してみてください。

また、パソコンは消耗品のため、あらゆる方法を試しても解決できないことがあります。

2020年1月14日、Windows 7のサポートが終了します。

完成度の高いWindows 7は、個人・法人ともに多くのユーザーが現在も使用されているOSです。

サポートが終了したからといって、Windows 7そのものが使えなくなるわけではないのですが、更新プログラムの提供が終了します。

更新プログラムの提供が終了すると、ウイルスやランサムウェアの被害を受けやすくなるため、インターネットを使用されている方は特に注意が必要になります。

長く使用されているパソコンであれば、パソコンを買い替える事も、修理と並行に検討されても良いと思います。