スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

WordやExcelの図形で線、円や四角をきれいに書く方法

パソコンスキル
スポンサーリンク

WordやExcelの図形で線、円や四角をきれいに書く方法

WordやExcelの図形で直線、真円や正方形を書きたい時があります。

後で縦横のサイズを手入力して、調整することは可能ですが、最初から直線、正方形や真円をきれいに書くことができます。

今回はWordやExcelの図形で線、円や四角をきれいに書く方法について紹介します。

※記事内の画像はWord 2019ですが、操作方法はWord 2013/2016、Excel 2013/2016、PowerPoint 2013/2016も同様です。

直線を書く方法

直線を書く時に、 Shiftキーを押したままドラッグすると、0°、45°、90°の角度で、まっすぐに伸びる線を書くことができます。

「挿入」タブをクリックします。

② 図グループの「図形」をクリックします。

③ 線の「線」をクリックします。

Shiftキーを押し続けます。

⑤ ドラッグしながら線を書きますが、横にドラッグすると0°、斜め方向にドラッグすると45°、上下方向にドラッグすると90°の角度でまっすぐな線が書けます。

⑥ 線の書き終わりの位置にきたら、マウスのボタンを離してから Shiftキーを離します。

⑦ 線の長さを修正する時は、 Shiftキーを押し、そのままドラッグすると、角度を保ったまま長さを変えられます。

真円を書く方法

円を書く時に、 Shiftキーを押したままドラッグすると、真円を書くことができます。

「挿入」タブをクリックします。

② 図グループの「図形」をクリックします。

③ 基本図形の「楕円」をクリックします。

Shiftキーを押し続けます。

④ 対角方向にドラッグしながら円を書きます。

⑤ 書きたい円の大きさの位置にきたら、マウスのボタンを離してから Shiftキーを離します。

⑥ 円の大きさを修正する時は、 Shiftキーを押し、そのまま四隅の1ヵ所をドラッグすると、真円を保ったまま大きさを変えられます。

正方形を書く方法

四角形を書く時に、 Shiftキーを押したままドラッグすると、正方形を書くことができます。

「挿入」タブをクリックします。

② 図グループの「図形」をクリックします。

③ 基本図形の「正方形/長方形」をクリックします。

Shiftキーを押し続けます。

④ 対角方向にドラッグしながら四角形を書きます。

⑤ 書きたい四角形の大きさの位置にきたら、マウスのボタンを離してから Shiftキーを離します。

⑥ 四角形の大きさを修正する時は、 Shiftキーを押し、そのまま四隅の1ヵ所をドラッグすると、正方形を保ったまま大きさを変えられます。

多角形を書く方法

多角形を書く時に、 Shiftキーを押したままドラッグすると、縦横が同じ大きさの多角形を書くことができます。

下は八角形を書く時の例です。

「挿入」タブをクリックします。

② 図グループの「図形」をクリックします。

③ 基本図形の「八角形」をクリックします。

Shiftキーを押し続けます。

④ 対角方向にドラッグしながら八角形を書きます。

⑤ 書きたい八角形の大きさの位置にきたら、マウスのボタンを離してから Shiftキーを離します。

⑥ 八角形の大きさを修正する時は、 Shiftキーを押し、そのまま四隅の1ヵ所をドラッグすると、正方形を保ったまま大きさを変えられます。

まとめ

上記で紹介した以外の、他の図形も、 Shiftキーを押したままドラッグすると、縦横が同じ大きさの図形を書くことができます。

ドラッグ後、マウスより Shiftキーを先に離すと、縦横が違う大きさの図形になってしまいます。

書き始めは Shiftキーの次にマウス、下記終わりは逆の、マウスの後に Shiftキーを操作することがコツです。

図形の大きさを変更する時も Shiftキーを押しながら変更します。

また図形を移動させる際、 Shiftキーを押したまま移動させると、水平又は垂直方向に移動させることができます。