スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Excelのリボンをカスタマイズしてオリジナルメニューを作る方法

パソコンスキル
スポンサーリンク

Excelでリボンをカスタマイズしてオリジナルメニューを作る方法

「リボン」とは、WordやExcelなどで、機能を実行するための操作画面のことで画面上部に表示されています。

「リボン」は複数の「タブ」があり、「タブ」の中にExcelの機能を実行する「ボタン」が、「グループ」に分かれて配置されています。

それぞれのタブに「見出し」が付いていますので、どのような機能をまとめたものか、確認できます。

またグラフや図形、ピボットテーブルなどといった特定の操作対象が選択されたときだけ表示されるタブがあり、「コンテキストタブ」といいます。

この「リボン」をカスタマイズする機能が、Excel2010から搭載され、よく使う機能を実行する「ボタン」だけを配置した、オリジナルメニューが作れます。

今回は、Excelの「リボン」をカスタマイズして、オリジナルメニューを作る方法を紹介します。

リボンをカスタマイズするメリット

Excel2010以降では、「リボン」に独自の「タブ」「グループ」を追加して、その中に「ボタン」を配置できるようになりました。

また既存の「タブ」をカスタマイズすることも、可能です。

好きなように配置できますので、よく使うボタンだけを集めた「タブ」を作成すれば、無駄な操作が無くなり、効率的に作業することができます。

リボンをカスタマイズする方法

リボンのカスタマイズ画面の表示

リボンをカスタマイズするためには、まず「Excelのオプション」画面から、「リボンをカスタマイズします。」の画面を表示させます。

「ファイル」タブをクリックします。

「オプション」をクリックします。

「Excelのオプション」画面が表示されますので、「リボンのユーザー設定」をクリックします。

「リボンをカスタマイズします。」の画面になります。

リボンのカスタマイズは、この画面で行います。

新しいタブの追加

「新しいタブ」は、後でも位置変更できますが、「メインタブ」の一覧で選択されている下側に追加されます。

「メインタブ」の一覧から、「新しいタブ」を追加したい上側のタブを選択(クリック)します。

※下図の場合、「メイン」の、タブの下に新しいタブが作成されます。

「新しいタブ」ボタンをクリックします。

「メインタブ」の一覧で選択されているタブの下側に新しいタブが追加されます。

④ 同時に、「新しいグループ」が1つ追加されます。

⑤ 追加された「新しいタブ(ユーザー設定)」を選択(クリック)します。

「名前の変更」をクリックします。

⑦ 表示された「名前の変更」ダイアログボックスで、タブの見出しに表示する文字列を入力します。

「OK」をクリックします。

同様に、「新しいグループ(ユーザー設定)」の名前も設定しておきます。

⑨ 追加された「新しいグループ(ユーザー設定)」を選択(クリック)します。

「名前の変更」をクリックします。

⑪ 表示された「名前の変更」ダイアログボックスで、グループの見出しに表示する文字列を入力します。

「OK」をクリックします。

ボタンの配置

「ボタン(コマンド)」を配置するには、左側のコマンドから配置したい「ボタン(コマンド)」を選択して追加します。

標準で装備されている既存のグループを、そのまま追加することも可能です。

「ボタン(コマンド)」を追加するグループを選択(クリック)します。

② 追加したい「ボタン(コマンド)」を選択(クリック)します。

「追加」をクリックします。

「ボタン(コマンド)」が追加されます。

③ 間違った場合や変更したい場合は「削除」をクリックします。

「OK」をクリックすると完了し、「Excelのオプション画面」は閉じられます。

作成した「新しいタブ」「新しいグループ」「ボタン」が配置されています。

同じ要領で、「タブ」「グループ」「ボタン」を自由に配置していきます。

作成した「タブ」は、Excel本体に追加されているので、新しいブックを開いても作成したタブを使用することが可能です。

タブ、グループ、ボタンの位置を修正

追加した「タブ」「グループ」「ボタン」の位置は、「リボンをカスタマイズします。」の画面の、右側の「▲」「▼」を使用して修正できます。

「ファイル」タブをクリックします。

「オプション」をクリックします。

「Excelのオプション」画面が表示されますので、「リボンのユーザー設定」をクリックします。

「リボンをカスタマイズします。」の画面になります。

⑤ 位置を変更したい「タブ」「グループ」を選択(クリック)します。

「▲」「▼」をクリックし移動させます。

⑦ 「グループ」や「ボタン」が表示されていない場合は、「⊞」をクリックすると展開され、表示されます。

「OK」をクリックし完了です。

元の状態(Excel標準)に戻す

「リボンをカスタマイズします。」の画面にあった「リセット」で作成した「タブ」を元の状態(Excel標準)に戻せます。

「リボンをカスタマイズします。」の画面を表示させます。

「リセット」をクリックします。

「OK」をクリックします。

④ 元の状態(Excel標準)に戻ります。

リボンをカスタマイズしても、すぐに元の状態に戻す手段が用意されていますので、いろいろ試してみるとよいでしょう。

まとめ

タブやグループに追加するボタンは、「リボンをカスタマイズします。」画面の左側の一覧から選択します。

この一覧に表示できるボタンをみると、「リボン」に配置されていない「ボタン」があることがわかります。

これらの機能は、「リボン」に表示されていないだけですので、よく使用していたボタンがあるなら、作成した「タブ」などに「ボタン」を追加しておくと、効率良く作業できます。

また、「コンテキストタブ」「ボタン」も自由に配置可能です。

既存の「ホーム」タブに新しい「グループ」を追加することもできます。

さらに、Excel 2010以降では、マクロもタブに登録できるようになりました。

※Excel2007では、マクロのボタン登録はクイックアクセスツールバーのみ

あまり使用していないタブやボタンを画面から消し、リボンをスッキリと整理することも可能です。

ただし、複数の方と共有して使用している場合、Excelが会社の資産などの場合などは、むやみに作業環境を変えるのは問題になる事があります。

共有で使用している状況でカスタマイズする場合は、既存のリボン設定は変更せず、自分専用の新しいタブを作成するのが良いでしょう。